現代のスタンダード【健康的な食生活で中性脂肪を下げる】

ダイエット

和食で有名な食材

肥満

魚と野菜と肉類

DHAとEPAとよばれる成分は中性脂肪を下げる効果を期待することができます。これらの成分はサバやイワシに多く含まれていて、食べる量が多ければ多いほど、その効果が発揮されるというものです。もちろん1日に1食だけ食べても十分な効果が期待できますし、サプリメントで摂取してもかまいません。また、食物繊維が多い野菜類を食べることも中性脂肪を下げる働きがあります。キュウリ、レタスなどはサラダとして食べるのがおすすめです。他にも、こうした青魚を食べる以外にもある食品を食べないということも中性脂肪を下げる効果があります。その食品とは肉類です。肉類は高カロリーなので、焼肉だったり牛丼などの食事を控えることも大切です。

味噌汁の具材と食事方法

味噌汁の具材として使われるものには、中性脂肪を下げる役割をもつものが多いです。豆腐、ワカメ、納豆などの食品は、低カロリーなだけでなく健康を維持するのにも役立つのです。和食に使われる食品としても有名ですが、日本人はこうした食事をすることで中性脂肪の上昇を抑制してきたのです。また、食べるべき食品を選ぶことも大切ですが、食事方法にこだわることも大切なことです。つまり、食べるときはゆっくりと噛んで毎日決まった時間に食事をすることも中性脂肪を下げるのに効果があるのです。空腹を感じても時間が少し経ってから食べるのも良いです。それというのも、空腹を感じているときというのは、中性脂肪が分解されているときだからです。