現代のスタンダード【健康的な食生活で中性脂肪を下げる】

サプリメント

海藻類と調味料

体重計

海藻類には、フコイダンとよばれる中性脂肪を下げる成分が含まれています。わかめ、こんぶなどのヌルヌルを生み出している成分のことです。また、調味料としてはクエン酸が含まれているお酢が非常に高い効果があります。

詳細

豚肉と魚介類

ウエスト

豚肉

適切な食品を食べることで健康的な生活を送るのは、現代のスタンダードになっています。以前から健康ブームの流行があり、どのような食品が健康に良いのか、テレビなどのメディアでもよく取り上げられています。それでは、中高年の人々にとって非常に悩ましい中性脂肪の上昇を下げる食品はどのようなものがあるのかというと、意外に思われるかもしれませんが、豚肉がおすすめの食品です。この豚肉にはポークペプチドという成分が含有されていて、これはコレステロールを下げる働きを持っています。また、カルニチンという体内の脂肪を燃焼してくれる働きも持っています。もちろん、過剰摂取すると中性脂肪が増えてしまうので、1日に100gを上限にしましょう。

魚介類

豚肉以外にも中性脂肪を下げる食品はあるのかというと、鮭が挙げられます。鮭には悪玉コレステロールの値を下げる作用があります。しかも、善玉コレステロールを増やしてくれる役割も持っています。これはアスタキサンチンとよばれる成分が鮭には含まれているからです。ちなみに、この成分によって赤みを帯びています。1日に食べる量としては2切れ程度でかまいません。200gで十分です。赤みのあるイクラにも同じ効果があります。他の魚介類としては、たこやいかがあります。これは肝臓機能の正常化をもたらし、中性脂肪を下げるタウリンが入っています。タウリンは栄養ドリンクによく配合されている成分ですが、このような効能もあります。

健康食品とサプリメント

サプリメント

サバやアジなどの青魚は食べれた食べるほど中性脂肪を下げる働きを持っています。それはこれらの魚がEPAやDHAという成分が含まれているからです。また、血液をサラサラにしてくれる効果も持っています。サプリメントで摂取することや糖質制限をすることもおすすめです。

詳細

和食で有名な食材

肥満

中性脂肪を下げるのは、EPAやDHAが多く含まれている青魚があります。キュウリやレタスなどの野菜も効果がありますし、肉類を食べないことも大切です。和食には、中性脂肪の上昇を抑える働きを持つものが多いです。食事方法にも留意することが一層の効果をもたらします。

詳細